デルメッドヘアエッセンスの成分とは

頭皮や毛髪のケアをするとなると、使ってかぶれたり効果がなければ

やはり損ということになります。そこで一番は「成分」から見る事。

今回はデルメッドヘアエッセンスに含まれる成分を調べてみました。

デルメッドヘアエッセンスに含まれる成分を詳細に確認

公式サイトに掲載されている成分は以下の通りです。

 

有効成分 6-ベンジルアミノプリン、グリチルリチン酸2K、サリチル酸

その他の成分:マテ茶エキス、オオムギ発酵エキス、ホップエキス、エタノール、dl-カンフル、メントール、

親油型オレイン酸グリセリル、水酸化Na、PEG-8、PG、POEオレイルエーテル、POE硬化ヒマシ油、香料

 

これらの成分で、脱毛に対して良いと言われている成分や、髪の毛にとってプラスの働きをしてくれる成分を確認してみました。

 

 

気になる抜け毛などに対しての有効成分

 

デルメッドヘアエッセンスに含まれる成分には

いくつかの有効成分が含まれています。

 

  • 6−ベンジルアミノプリン

毛乳頭細胞に作用し、髪の毛の成長を促す「発毛促進シグナル」を増やす働きがあり

他には発毛エネルギー供給成分が、毛髪を強く抜けにくいものへと育てます。

 

  • グリチルリチン酸2K

頭皮の炎症の元となる過剰な皮脂分泌や、他にシャンプーなどが合わなくて起こる炎症による

一時的な脱毛などを防ぎ、本来の美しい髪の毛を育てるための頭皮の土台をつくる働きを担っています。

 

 

  • サリチル酸

解熱・消炎・鎮痛・殺菌作用などがあり、基礎化粧品などにも多く使われています。

雑菌の繁殖を抑えて、古い角質を溶かしだす作用があり、頭皮の汚れや毛穴のつまりを解決し

抜け毛を防ぐなどの効果があります。また頭皮の男性ホルモンのレベルを下げる働きもある

「ケタコナゾール」と合わさることでより男性ホルモンを抑え、そのことから頭皮のフケを予防したり

男性型脱毛症の治療の効果を持っています。

 

  • ホップエキス

育毛遺伝子発現促進作用や、毛乳頭細胞を増殖する作用など、ヘアケアに対して効果的で

特に男性型脱毛症の原因酵素の5αリダクターゼを抑制するなど重要な役割があります。

 

 

  • マテ茶エキス

紫外線から受けるダメージを抑制する作用があり、他にも美肌効果があります。

 

  • ・発酵エキス

細胞活性化作用があり、健康な毛髪が育つための毛母細胞も活発化させ、髪へ栄養を送る働きがあります。

 

 

気になるマイナスポイント

 

使われている成分に、香料・dl-カンフル・メントール・エタノール・プロピレングリコール・ポリエチレングリコールがあります。

これらは少なからず刺激性がある部分があるため、敏感肌の人などはパッチテストなどをしたほうが

より安心して使える、といえるでしょう。

まとめ

色々な成分が含まれていますが、やはり根本的に毛髪に対してのアプローチが強いものが多く

効果が期待できるというのは確かです。

ただ、人によっては頭皮にトラブルを抱えている状態では使うには少し不安が残るような成分もありますが

それでも刺激性に関しては低く、使い心地のよさからもおすすめできるものです。

 

毛髪の悩みは思うよりも女性の自信にかかわるものです。

有効成分でより美しく健康な髪の毛を取戻していきましょう。